会社概要

会社概要

中国新聞文化センターは、中国新聞社の文化事業の一環として、昭和55年(1980)5月広島市中区紙屋町の興銀ビル6階と同区胡町の中国ビルにオープンしました。
平成25年(2013)4月、教室部をクレドビル10階に移し、広島・山口県内で新たなスタートを切りました。

講座は教養コースをはじめ、茶道、華道、書道、美術・工芸・写真、手工芸、健康・スポーツ、バレエ・ダンス、料理、邦楽・舞踊など各分野にわたり、1,800余りの多彩な講座を開いています。

心豊かな潤いのある生活を築くために、活気あふれる中国新聞文化センターのカルチャー教室に一度足をお運びください。

会社名 株式会社中国新聞情報文化センター
設立 昭和55年4月1日
本社所在地 〒730-0854
広島市中区土橋町7-1
中国新聞ビル5F
資本金 4,000万円
代表取締役社長 山本 賢二朗
社員 23人
事業内容 カルチャー教室事業、
シェアードサービス業務
主要取引銀行 もみじ銀行、広島銀行

ロゴマークについて

一筆書きで幾重にも書かれたCは、中国新聞文化センターの頭文字であるCCCを表現、
さらに、人と人が繋がるコミュニティ=communityのCも表しています。
「お客様の長い人生を虹のように彩りたい」という会社の願いを表現しています。

教室のご案内

圏内11教室を展開しています。

教室のご案内

個人情報について

中国新聞文化センターでは、入会や受講のお申し込み時にお名前、ご住所、電話番号などの記入をお願いします。これは受講者への連絡や受講の運営などに使います。
なお、個人情報については、プライバシーポリシーに従って取り扱います。

個人情報の取り扱いについて